MENU

「神待ち」という言葉は、比較的最近できた言葉である。

 

おそらく10代の若い世代に広く知られているかもしれない。

 

大人は普段の仕事のストレスを抱え、休みの日にそれを消化し、
また、仕事で頑張る力を取り戻す、というのを繰り替えす。

 

子どもも質は違うかもしれないが、少なからずストレスを感じることもあるし、
いまの環境から逃げ出したくなることもある。

 

そういった、今とは違う空間を友達と共有したい。
そんな気持ちが集まって、あるサイトが学生の間で広まっていった。

 

それが学生専用の掲示板BBSである。

 

学校ではいえないような、先生の悪口や、また生徒同士の悪口も書かれていることもあるようだ。
また好きな人についての恋バナなど、学生生活にかかわるあらゆる会話が、
そのサイトでされるようになっていった。

 

内容によっては過激なものもあり、いじめの原因となったものもあるかもしれない。

 

ものは使い方次第である。
読む人の立場になって書き込むということを、
学生のころから気を付けていただきたい、という気持ちがある。

 

先生が気付かないところで、
生徒はうまくサイトを利用していった。

 

ある日、友達とのコミュニケーションでしか使われていなかったサイトに、
別の使い方が誕生していったのである。

 

それが神待ちの起源と言われている。

 

家に帰れなくなったある生徒がいた。

 

学生一人、家から飛び出してどうやって生活をしていくのか。

 

バイトをするにも親の許可がいるだろう。

 

そんなとき、その生徒の手には携帯電話があった。
そこからすかさず、掲示板に書き込みをし、
泊まるところと、食事の提供を呼び掛けたのだ。

 

当初、そんな生徒に同情し、生徒の力でできるたけのことをしたようである。
これが神待ちサイトの走りと言われている。

 

タイプの神待ち少女を掲示板で検索
神待ちサイトランキング
一押し優良サイト登録無料