MENU

いまでは、多くの人に認識されるようになった神待ちサイト。

 

どのようなサイトかはすでにご存じの方も多いかもしれない。

 

神待ちサイトができ始めた当初は、
食うもの、泊まるところに困り、
生きるか死ぬかの選択に迫られ困窮して、追い詰められ、仕方なくサイトを使う、
という人はいた。

 

しかし、神待ちサイトは、運営者・女性の利用者の使われ方が変わってきているのである。

 

男性側の利用者は今も昔も変わらない。

 

求められたものを提供し、それと引き換えに性的行為を要求するという立場である。

 

運営者としては、
まずサイトのあり方が変わったのである。

 

当初は、学生同士、大人の目から離れたクローズされたサイトであったが、
徐々に大人もみれるようになっていき、

 

そのあと、ポイント制を導入するところも現れてきた。
神待ちする女の子と会うためには、サイトの利用する時点でお金を払わなければならなくなってきたのである。

 

さらにサクラの台頭である。
出会い系サイトでも存在していたサクラが、
神待ちをしているフリをして、これらのサイトでも多く潜り込んでいるのである。

 

当然、サクラの女の子とやりとりしても
出会うことはできない。

 

ポイントの消費にあとから気付くのである。

 

女性側も変わってきている。
昔は、生活に困った子が利用するサイトであったが、
いまはOLや社会人でも神待ちをする人がいる。

 

条件は、おいしいものが食べたい、というのが多いらしい。

 

ファミリーレストランで、とにかくお腹いっぱいにできればいい、
という安上がりなものでは納得せず、

 

イタリアンなどの専門店で、サラダやデザートもしっかり要求するのだ。

 

男性としては、そこまでしてもあとでセックスできるならば良いだろうと考えるかもしれないが、
食事が終わったら、はい、さよならというパターンもあるので気を付けよう。

 

タイプの神待ち少女を掲示板で検索
神待ちサイトランキング
一押し優良サイト登録無料