MENU

神待ちサイトの運営者側としては、
困っている人を救うため、
間に入り、出会いの手助けをしている、という立場である。

 

それだけなら、犯罪を助長させているとは言い切れない。

 

神待ちサイトを利用する女性は、
掲示板への書き込みには、自分がいままさに困っているということをアピールし、
それをみた男性がサービスを提供する。

 

この関係をみると、お金を持っている側、
つまり男性の方が有利に条件をいえる立場ではないかと見えないでもないが、
実際は違うという現状がある。

 

なぜだろうか。

 

自分の条件をのまない、という女性がいたら、サービスをしない、帰るということができるはずなのに、
それをしない、ということを女性は知っているのだ。

 

男性としては、困っている人を助けたい、
という気持ちよりも、下心ともいうべき、性的な感情が隣り合わせになっているのだ。

 

その気持ちがある限り、女性の要求をこばない、ということを女性は知っているのだ。

 

さらに、条件以上のものを要求されるということにもつながりかねない危険性がある。
それが神待ちの女性が未成年者だった場合だ。

 

待ち合わせに行き、食事をおえ、性行為をする。
そのあとに、自分が実は未成年者ということをつげられ、
警察に言われたくなかったら、お金をよこせと脅される事件も起きている。

 

実際に、男性も未成年者への行為をするという罪を犯しているため、
かばうということはできないのだが、
女性側は、男性も含めたグループになってこういった犯罪を行う、というように組織化されている場合もある。

 

拒んでも、暴力や、社会的な地位を貶められる行為など、
一人でも太刀打ちできないような事態にも発展する可能性がある。

 

サイトを利用する際、頭に留めていただきたい。

 

タイプの神待ち少女を掲示板で検索
神待ちサイトランキング
一押し優良サイト登録無料